生活に快適をプラス「STTOKE」を使ってみた!

生活に快適をプラス!タンブラー「STTOKE(ストーク)」を使ってみた!

PR 生活に快適をプラス「STTOKE」を使ってみた!
生活に快適をプラス!タンブラー「STTOKE(ストーク)」を使ってみた!


以前、コーヒーについての記事「珈琲(コーヒー)を楽しんでみた話 ~珈琲きゃろっと / カフェサプリ GABA / INICコーヒー編~」を書いたのですが、その際にふと思ったことがあります。

家でコーヒーを飲むにしろ、会社でコーヒーを飲むにしろ「マイカップ」的なものが欲しいなと。

どうせなら、家でも使えて、会社でも使えて、欲を言うなら散歩の時にも使えるような「カップ」ないかなと。

そんな都合の良いカップ、、、見つけました。

「STTOKE(ストーク)」という商品なのですが、カップというよりは「タンブラー」ですかね。

この「STOOKE」が色々な場面で活躍する予感な商品なんです。

今回はそんな「STTOKE」について、どんなタンブラーでどんな場面で使用できるのか!

というのを紹介していきたいと思います。



「STOOKE(ストーク)」とは


「STOOKE(ストーク)」とは


まず、最初に「STOOKE(ストーク)」とは一体どんなタンブラーなのか。

STTOKEは2018年にオーストラリア メルボルンで誕生した「タンブラー」です。

オーストラリアでは「1年間で10億個以上もの使い捨てコップ」が消費されているんですって。

オーストラリアでは、「お気に入りコーヒーショップでいれてもらう一杯を飲んでから仕事に向かう」といったのが日常らしく、コーヒーを飲む機会が多いらしいんですね。

そのため上記に書いた「1年間で10億個以上もの使い捨てコップ」が消費されるんですね。

「STTOKE」の創業者が使い捨てコーヒーコップで溢れるゴミ箱、かつ「サンゴやウミガメが共存するオーストラリアの海洋ゴミの一因になっている可能性」と知りショックを受けた「STTOKE」の創業者が「毎日使いたくなるリユーザブルカップ」を作ろう!というのが「STOOKE」が生まれた経緯との事。

そんな地球に優しく自分は美味しくな「STTOKE」の特徴をいくつかあげてみたいと思います。

  • 素材はセラミックコーティング!
  • ありがたき!真空断熱構造による高い保温・保冷性!
  • アワード受賞のデザイン!
  • こぼれにくい!こだわりのパーツ!

といった感じです。

では、少しずつではありますが、順番に説明していきたいと思います。

「STTOKE(ストーク)」の特徴1 セラミックコーティング!

「STTOKE(ストーク)」の特徴1 セラミックコーティング!


まずは「STTOKE(ストーク)」の素材の話から。

この「STTOKE」の素材は「ステンレス」です。

ステンレス素材の本体で、内側のみ「セラミックコーディング」が施されています!

「セラミックコーディング」を施すと、どんな良いことがあるのか。

それは、金属臭をシャットアウトしてくれて、飲み物本来の味、香りを維持できるんですね。

コーヒーだったり、お茶だったりと、味だけでなく香りも楽しみの一つですよね。

そういった飲み物を飲む際!本来の味、香りを楽しめるってのはありがたい!

ちなみにドイツのグレブロン社のセラミックコーディングとのこと。

この「グレブロン社」の技術・安全性の高さは「テュフ ラインランド」という「技術、安全、証明サービスに関する世界第7位 の認証機関」から認定されているんですって。

口に入れるもので安全が認められてるってありがたい。

安心して使えますよね。

「STTOKE(ストーク)」の特徴2 真空断熱構造による高い保温・保冷性!


次なる「STTOKE(ストーク)」の特徴は「高い保湿・保冷性」です!

個人的にこれは結構大事な要素かなって思ってます。

こういったカップやタンブラーって、「コーヒー」だったり「お茶」、まぁその他「紅茶」だったりを飲む際に使用する事多いイメージです。

そうなると、冷たい、又は温かいものを入れる機会ってのは少なくないのではないでしょうか。

で、あるならば!保湿・保冷は大きな要素ですよね。

「STTOKE」は、二重断熱構造を採用しており、保湿で3時間、保冷で6時間のスペック!

6時間って1日24時間なので、1日の1/4ですよ。それだけあれば十分ではないでしょうか。

保湿に関しても3時間あるので、これからの季節助かりますね!
※室温など環境によって大きく左右されることもあるようです。

「STTOKE(ストーク)」の特徴3 アワード受賞のデザイン!


続いての「STTOKE」の特徴は「デザイン」です。

個人的にとても持ちやすいんですよね。このデザイン。

持った時のフィット感というか、そういうのがあります。

まぁ持ちやすさに関しては人の手の大きさによって異なる部分ではあると思うのですが。。。

恐らく「曲線」が持ちやすくしてくれてるのかなと思ったりします。

そして、「Good Design Awards Australia 2018」では「金賞」を受賞しているとのこと!

持ちやすさだけでなく、見た目のデザインでも評価されているんですね。

「STTOKE(ストーク)」の特徴4 こぼれにくい!こだわりのパーツ!


最後に紹介する「STTOKE」の特徴は「こぼれにくい」です。

その「こぼれにくい」を実現しているのが、「こだわりのパーツ」です。

まず、ゴム底仕様のため滑りにくい!これありがたいポイントですね。

加えて、蓋が二重構造のゴムパッキンになっており中身が漏れにくい!

タンブラーやカップを選ぶ際、「こぼれにくい」って割と重要ですよね。

特に「オフィスで使いたい!」って方や「持ち運びしたい!」って方なら尚更ではないでしょうか。



実際に「STTOKE(ストーク)」を使ってみる!


「STOOKE(ストーク)」の簡単な説明をしたところで、自分が実際に「こんな感じでSTOOKEを使ってます!」というのを紹介していきたいと思います。

基本的に変わった使い方をしていないので「ドヤっ!」ている感じはだせませんが。。。

ではでは、紹介していきたいと思います。

が、その前に!お決まりの「開封の儀」ですね。

STTOKE(ストーク)開封前の箱

このような外箱に入っておりました。


STTOKE(ストーク)外観

はい、「STTOKE」とご対面です。

綺麗な白!そして先ほど書きましたが、この曲線が持ちやすいんですよね。


STTOKE(ストーク)の蓋

上から見るとこんな感じです。

先ほど「こぼれにくい」理由の一つである「蓋」の部分ですね。


STTOKE(ストーク)と今まで使てたカップ

今まで自宅で使用していたのが、黒のカップです。

100円ショップで買いました。

割と愛用しておりました。

ただ保湿・保冷ではないので、温度が変化するのは早い。。。

仕方ないですけどね。

新旧交代の瞬間でした。

ではでは、実際「STOOKE」をどんな時に使用しているかというのを紹介していきたいと思います。

おうち時間におやつと一緒に


STTOKE(ストーク)の使い方その①
おうち時間におやつと一緒に


まずはですね、定番ですかね。

個人的に家でおやつを食べる時にかかせない「コーヒー」

コーヒーの記事を書くぐらいにはコーヒーは好きな訳ですが、おやつを食べる時には高確率でコーヒーがお供です。

料理と運動のインスタを始めてから「お菓子つくり」ってのをやる回数が増えまして、当然その度おやつタイムが発生しますよね。

個人的におやつを食べる時ってのは食べながら何かするって事が多く、PC(パソコン)が側にある事も多いわけで。

そんな時「STTOKE」の「こぼれにくい」ってのはありがたいです。


STTOKE(ストーク)おうち時間におやつと一緒に


こんな感じでおやつタイムに使用しています!

家ではホットコーヒーを飲む事が多く、飲みきるまで温かさを保ってくれてます!

仕事の手助けに


STTOKE(ストーク)仕事の手助けに


続いての「STTOKE(ストーク)」活用シーンは「仕事中」です。

大きさもそんなに大きくないので、自分は会社にも持っていってます。
※Lサイズ:約14cm(355ml)を使用してます。

会社では家でコーヒーを注ぎ、リュックのサイドポケットに入れて持っていく事もあれば、会社でコーヒーを入れる事もあります。

STTOKE(ストーク)仕事の手助けに

こんな感じですね。

ここでも「おやつ」が映ってますね。

たんぱく質などの栄養補給にたまに「おやつ」を作って持っていくんです。

会社には以前、コーヒーの記事を書いた時に購入したコーヒーが置いてあり、それを入れて飲んだりしています。


散歩のお供に


STTOKE(ストーク)お散歩のお供に


続いての「STTOKE(ストーク)」活用シーンは「散歩」のお供です。

普段から散歩をする頻度ってのは多くはないのですが、運動ができない日が続いたり、気分転換したい!って時に散歩したりします。

最近は散歩に行くときに「STTOKE」を持っていきます。

長時間散歩する事はないのですが、アクセントというかなんというか。

そして寒い日も増えてきているので、体をあたためる目的も。

「STTOKE」の保湿・保冷がここで活きてきますね。

温かいコーヒーを飲みながら散歩をする。

いいですね。

STTOKE(ストーク)お散歩のお供に


例えばこんな感じで。

スカイツリーと一緒に撮りました。

スカイツリー近辺を歩く事、多いです。

スカイツリーをてっぺんまで入れたかったのですが、諦めた感が伝わりますでしょうか。

先ほど「アクセント」って言葉を使いましたが、気分転換が目的であるなら個人的に飲み物は必要。

自分は「Lサイズ、約14cm(355ml)」を使用していますが、「Sサイズだと約11cm(236ml)」(スタバのショートサイズとほぼ同等)なので、その人の持ちやすさによってサイズを選択できます!

ドライブに誘い出す

STTOKE(ストーク)ドライブに誘い出す


最後の「STTOKE(ストーク)」活用シーンは「ドライブ」です。

散歩と同じく頻度は高くないものの、気分転換したい時にドライブします。

特に走る道は決めずに流す感じの。

そんな時に最近は「STTOKE」にコーヒー入れて持っていきます。

ソケットにスポッと入りますし、まぁそれだけでも安全なのですが、「こぼれにくい」要素のゴム底と、二重構造の蓋のおかげで気にする事なく運転できます。

そして!持ちやすさ、手に取りやすさっていうのがドライブ、運転をしている時にはありがたい!

ホットコーヒーの時は持つ時に熱さを感じる事もないので、ありがたき!です!

STTOKE(ストーク)ドライブに誘い出す


なんか良い感じに写真が撮れました。

撮った人というより、「STTOKE」が映える!

さすが、「Good Design Awards Australia 2018」では「金賞」ですね。


「生活に快適をプラス「STTOKE(ストーク)」を使ってみた!」のまとめ


いかがだったでしょうか、「STTOKE(ストーク)」

いまや完全に自分のマイタンブラー。

今回は実際に使用している場面を交えてお伝えしてきました。

仕事でもプライベートでも使用できる「STTOKE」

そんな「STTOKE」ですが、価格は4,590円から購入できます。

使い捨てカップではなく、長く使える「マイタンブラー」にしてみるのはいかがでしょうか。

地球に優しく、自分は美味しく。

いつもの日常にあるアイテムをプラスする事で生活が快適になる。

今回はそんな「タンブラー STTOKE(ストーク)」のお話でした。

>LINEスタンプ販売中!

LINEスタンプ販売中!

LINEスタンプ作ってみました。 よかったらダウンロードして使ってね。

CTR IMG