【勝手にレビュー】エンパシー – ASIAN KUNG-FU GENERATION

【勝手にレビュー】エンパシー - ASIAN KUNG-FU GENERATION


久しぶりの勝手にレビュー。

久しぶりとあれば今一番聴いている曲がいいかなと思い、今回は“ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジカン)”【エンパシー】をチョイスしました。

この曲は”僕のヒーローアカデミア”の映画第三弾「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ワールド ヒーローズ ミッション」の主題歌になってます。

映画館で予告を見た時に初めてこの曲を聴いたのですが、その時からもう大好きです。

とにかくカッコよかった。

アジカンらしい切なさとカッコよさと強さを兼ね揃えた1曲だと思います。

そんな”エンパシー”の歌詞を見ながら勝手にレビューしてみたいと思います。




エンパシー – エンパシーとは


何もない街の静けさ
何もない手の頼りなさ
それでも ただ身体ひとつ
ふたつ目には まだ夢の残骸よ

音のしない部屋の気まずさ
君のいない日々の味気なさ
それでも また
身体ひとつで立つ
目の前に広がる現在を

まず、そもそも“エンパシー”とは何なのか。

“シンパシー”って言葉は聞いた事がある方も多いかと思いますが、シンパシーという言葉はどうでしょうか??シンパシーに比べると少ないのではないかと思います。

まず、シンパシーってのは共感だったり同情など相手の感情の理解。
一方エンパシーは、共感や同情など相手の感情を理解する能力。
といった感じでしょうか。

エンパシーは体感・想像できるといった感じでしょうか。
そこには同情といった感じのものはなく、相手の立場になって理解する感じだと思います。

シンパシーではなく、エンパシーというタイトルがつけられたこの曲。

曲の始まりは静かに。とても静かに上記の歌詞から始まります。

ここで気になったのが”夢の残骸”というワード。

残骸という事は無残にも散った的な事だと思うんですね。

そのあとにくる「音のしない部屋の気まずさ」「君のいない日々の味気無さ」というのが夢の残骸ってのにもつながってるのかなと。

「それでもまた身体ひとつで立つ」んですね。

何に?

目の前に広がる現在に。

つまり、残骸となった夢のかけらはまだ残っているのかなって。

エンパシー – すべてがエンパシーにつながる


ときに激しい雨に打たれても
夜にひとり抱えた言葉でも
きっと憐みも悲しみも
煎じ詰めればエンパシーで
僕らの魂の在処かも
ほら

さっきほどエンパシーとは「相手の感情を理解する能力」と書きました。

良い事だけじゃなくて、憐みや悲しみがあったからこそ、それがエンパシーにつながる。といった感じなのかなと。

良い感情だけじゃなく、様々な感情がそこにつながっていくと。

正に、無駄な経験などない。ってやつかなと。

そこには残骸となった夢も含まれるのかなって。

エンパシー – 次のステージへエール


もう目が覚めた
ドアを蹴飛ばして
朝焼けの空を駆け抜けた
今 君の吐息が弾む音
夜明けの街路が霞を纏うこと

ヨレたフォームで日々を進み
アスファルトの海を乗り越えた
その果てに自由が見えるでしょう
向こうでは世界が叫んでいるぜ
いつでも

サビの歌詞ですが、ポジティブですね。

そしてここで”君”がでてきますが、最初自分の心境を綴っているのかと思いましたが、これは“君”に向けたエールなのかなと。

夢の残骸は”君”ので。

その”君”に向けて唄っているのかなと。

エンパシー – すべてがエンパシーにつながる2


生まれた場所に基づく風景を
虹彩や皮膚に紐づけた運命を
打ち消して
ただ認め合うような将来を夢見て
夢見て

ときに厳しい風に吹かれても
君がひとりこぼした涙でも
きっと憐みも悲しみも
煎じ詰めればエンパシーで
僕らの魂の在処かも
ほら

生まれ育った場所が違くても、目の色が違くても、そんなものは関係なくて、エンパシーには。

感情に関してはそんなものは関係ない。

同じ人間だから

だから、わかるんだよ。って事かなって。

エンパシー – 君の名前を


もう目が覚めた
ドアを蹴飛ばして
朝焼けの空を駆け抜けた
今 君の吐息が弾む音
夜明けの街路が霞を纏うこと

ヨレたフォームで日々を進み
アスファルトの海を乗り越えた
その果てに自由が見えるでしょう
向こうでは世界が叫んでいるぜ
いつでも

君の名前を

先ほどのサビの歌詞と一緒です。最後を除いては。

最初の歌詞にはなかった「君の名前を」というフレーズ。

なぜ、君の名前を世界が叫んでいるのか。

それは、求めてるからでは。と。

世界が君を。

冒頭に書きましたが、この曲は「僕のヒーローアカデミア」の映画の主題歌です。

僕のヒーローアカデミアはタイトルからしてヒーローのお話なわけです。

なので、そこともつながる歌詞なのかなって。

世界が叫んでる君の名を。それはヒーローの名を呼んでいるって事を表していたりするのかなと。

そして、僕のヒーローアカデミアのヒーローっていうのは、「守る」っていうのが一つのキーワードだと思います。

守るために敵と戦う。

実際、とある名シーンでこんな名セリフがでてきます。

ああ…! 多いよ…!
ヒーローは…守るものが多いんだよオール・フォー・ワン!!
だから負けないんだよ

byオールマイト


その”守る”ためにエンパシーってのは必要な能力なんじゃないかなって。

人の痛みがわかるから、人を守る事ができるんじゃないかと。

良い事だけじゃなくて、良くない事も色々と経験していけばいくほど守れるヒーローになるんじゃないかと。

そして、この歌は”君”へのエールなのかもと書いたのですが、僕のヒーローアカデミアを照らし合わせると、、、元ヒーローから現ヒーローへのエールなのかもなと。

向こうでは世界が叫んでいる。

向こうでは世界が叫んでいる。

向こう。

元ヒーローがいない世界。

そこでは叫んでいるんです君の名前を。

原作読んでたり、アニメを見ている人であれば「あぁそういうこと?」ってなるかもしれないですが、そうでない人からすると「ん?」って感じだと思いますが。。。

まぁつまり、アジカンで良かったよ、主題歌が。

ってお話です。

最新情報をチェックしよう!
>LINEスタンプ販売中!

LINEスタンプ販売中!

LINEスタンプ作ってみました。 よかったらダウンロードして使ってね。

CTR IMG