夢追人

【勝手にレビュー】夢追人 feat.KREVA – PUNPEE

夢追人

才能の塊と才能の塊の競演
前のFunny Bunnyから”夢”繋がりで
やっぱfeatっていいよね
それこそ夢があるよね的な曲を

PUNPEE夢追人 feat.KREVA

その夢追人の素晴らしい歌詞を見ながら、勝手にレビューしていきたいと思います。


夢追人 -PUNPEEパート

“未だ君は夢中で夢の中 今僕は覚めない夢の中 うわのそら 

ほらいつも下書きもないまま 夢描いてた描かれたくてさ 

僕ら 泳がせてまた追っかけ 出会えたチミはまさかのDeep Fake

“全て手に入れても 失うものが増えたよ”…またふて寝“

すごい”何か”の始まりを感じさせるイントロからPUNPEEのパートへ。
まずやっぱりこの人、声がおしゃれ
声がおしゃれってどんなものか、上手く言えんけど声がおしゃれすぎる。

そして歌詞、君と僕が出てくる訳だけど、これは恐らく同一人物なのかなって。
未だ君は夢中で夢の中ってのは、過去の自分の事を君って言っていて、僕も僕で今でも覚めずに夢の中にいる。

つまり昔から見ている
夢中になっているものの中に、ずっといるって事なのでは。

いつも下書きもないままってのは、そういう準備とかする前に行動している
というよりむしろもう動いちゃう
何故なら夢中だから、下書きなんてしていられない。
夢中で追いかけ続けてる夢をって事なのかと。

で、その追いかけてる夢を掴んだ!
と思ったらDeep Fake
つまり本物ではなかった。

ちなみにDeep Fakeってのは「深層学習(deep learning)」と、「偽物(fake)」の造語で、人工知能(AI)によって、人物を合成したコンテンツ合成物、本物ではなく作られたものって事。

全て手に入れても~ってところから、夢見てたものを手入れたけど、失うものもあった。

だから、夢見てたものとはすべて一緒ではなかったって事を言っているのかなーと。


“こり固まった脳みそ “遠回りが近道”と言ってくれよアレクサ

悪いが太鼓持ちに叩かすドラムはない

信じたものくずれさって

過去を責めてんじゃなくて今を攻める

えもいわれぬ 気持ちはエモいじゃない このシーケンス止まらない”

遠回りが近道って言葉は後に出てくる。
「信じたものがくずれさって」に繋がるワードで、自分が信じて進んできたけど、中々うまくいかずに辿り着くまでに結果、時間を要してしまった。

けどさ、それがある種の最短ルートだったと言ってくれよ。

で、その信じたものがくずれさる中。
見えた光景は色々なものがあって。

その中には自分の力だったり、作品力ではない部分で何かを得ている人たちとかがいたのかな。

それを「太鼓持ちに叩かすドラムはない」って表現してる

Creepy Nutsの生業に出てくる、「白目向いて喚くだけならマイク置いたらエエやん ソレでプロ?マジでソレで金貰うの?」
そういう感じのあれかなと。

そんな人に鳴らさせるbeatはないよって。
ラッパーでもありビートメイカーでもある、PUNPEEとKREVAの曲だからこそ響くフレーズ。

そうした過去もあったけど今を攻める事にしたよ。
えもいわれぬ=言い表せない程すげぇって事。

それはさ
“エモい”って単語一つで表現できるものじゃない
って事を言ってるんですな。

ってな想いが詰まったであろうPUNPEEのバース
パンチラインしかないやんこんなの。

夢追人 -HOOK

“夢でも見惚れてる 一瞬で宇宙になって

I Know 出来心だと言われそう

きっと独りきりになっちゃえば挫けちゃうけど

いっそこのままで 一生このままで

夢追人”

「夢でも見惚れる」程のそれは宇宙のように広大なもの。

それが出来心(ひと時のもの)と言われそう
って事は知ってるよ。

きっと独りになっちゃえば~のところは、PSGの事とかも言ってるのかなぁーって思ったり。

そんで、”きっと”ってのと”なっちゃうけど”って言葉が使われてるって事は、今はそうじゃなくて。

そうなってしまうかもしれないけど、出来心でしょとか言われてしまうかもしれないけど、今のこの気持ちや行動はそのまま。

一生夢に夢中覚めない夢の中にいるよ

つまりタイトルにもなってる夢追人で、いつづけるってあらわれかと。

夢追人 -KREVAパート

“夢に夢見てる 常に上見てる

いけるに千点掛ける 現時点

2020年代

いつまでも挑戦してる自分でいたい”

冒頭に関しては
うわっ!これとこれで韻踏むの?!って言うのがなくても
カッコよく聞こえるからやっぱすごい

KREVAによくある前向きというか、自信がある感じ。

そしてそれがやはりカッコよく聞こえる。
カッコいいのと同時に、当然ながら上手い。

自信あります感の中にもちゃんと、「いつまでも挑戦してる自分でいたい」っていう向上心の伺える部分があって。

ここまでやってきた人がずっと挑戦って。
そりゃ第一線走り続けるわって感じですね。


“MPC買ってから四半世紀でも マインドはいまだに未完成品

追い続けてる 本当に本当

ずっと 生み続けている初期衝動”

KREVAが今44歳で四半世紀って事は、19.20頃に初めてMPC買ったのかな。

MPCってのはパッドを叩くと音がでる機械。
ざっくり言うとドラムマシーンみたいな。

そこから四半世紀経つけど、未だにマインドは未完成品
この辺りの押韻はさすが!の一言に尽きますね。

さっきいつまでも挑戦してる自分でいたいって出てきたけど、この人の中で完成は永遠にないのではないか。
だから追い続けてる。

そして、ずっと初期衝動を生み続けてる。

初期衝動、つまり何かにハマったりした時のワクワク感だったり、楽しい!!
っていうそういった気持ち。

正に夢中になってる。

もうずっと1日中それやってたいわ!ってなるような。
その気持ちをずっと生み続けてる。
正に夢中な状態


“まるで永遠できるロールプレイングゲーム

やめる理由は当然無ぇ

いまだどこからか聞こえるダッサいドラム

そういう奴らの退路をバッサリと断つ”

ここでも夢中感がでてくる。
それを永遠にできるロールプレイングゲームって形で表してる。

わかりやすいですね。

子供の頃ゲームとか
夢中になってやってたもんね
徹夜してやったりしてたもんね

わかりやすいですね。

そして夢中感と同じく、PUNPEEに呼応するかのような【いまだどこからか聞こえるダッサいドラム そういう奴らの退路をバッサリと断つ】

太鼓持ちに〜のところのKREVA版
とも言うべきフレーズ

ただPUNPEEの叩かすドラムはないと違うのは、退路を断つって事は退却する手段をなくす事になるから、「もう逃げ道はないよ、やるしかないよ」っていう。

叱咤激励でもあるんじゃないかなと思う。
その後に出てくる歌詞を見るとそうなんじゃないかなって。


“Shut, Shut’em Down ベラベラ喋るな

そんな時間があったらまだやれるはず

こっちはとっくに到達レベル908

雑魚とは雲泥の差”

昔TVのプチインタビュー的なので、「クリスマスを一人で過ごす人に向けて何か応援メッセージを」的なのがあって。

KREVAの答えが「クリスマスだろうがお正月だろうが今何をすべきかわかってる人はそれをしっかりやるだけだから」的な事を言ってて。

「そんな時間があったらまだやれるはず」ってのは、そういう事を言ってるのかなって。

喋ってる暇あったら手を動かせじゃないけど、今やれる事をしっかりやれよと。

そうこうしてるうちにこっちはもう結構なレベルまできてるよ。
雲泥の差がある程にっていう。

ベラベラ喋ってないでやれる事をやれ、というここでも叱咤激励的なのが見えるけど、最後には雑魚とは雲泥の差と突き放す。

結局相手の言葉をどう捉えるかはその人次第で。

何を!!と思って奮い立つ人は奮い立つだろうし、なんだよディスってばっかで!って怒る人は起こるだろうし。

あーそんなん言われるならもう辞めるか…って諦める人は諦める。

これはふるいにかけてる感じなんじゃないかな。

雑魚とは雲泥の差と言われようがなんと言われようが、好きなら夢中ならそれが本当に本当なら取る行動は一つしかないけどねって。

むしろ退路は断ったよ、でどうするの??っていう叱咤激励なのかもね、やっぱり。

そしてやっぱりKREVAの押韻は心地よい

夢追人 – HOOK

“夢でも見惚れてる 一瞬で宇宙になって

I Know 出来心だと言われそう

きっと独りきりになっちゃえば挫けちゃうけど

いっそこのままで 一生このままで

夢追人”

さっきと同じ歌詞ではありますが、KREVAのバースの後だとより強く響く感じがします。

本気の大人はカッコイイ


夢追人 – まとめ

夢追人は夢をただ追ってるだけじゃなくて。

それが本当に好きで
それを本当に手に入れたくて
それは夢中になれるもので
それに賭けれる気持ちがあって
それと添い遂げる覚悟もある
ってのが詰まったまるで少年の心を持つ
そして才能を持つ本気のカッコいい

大人達(PUPEEとKREVAだけじゃなく勿論Nottzも)が作った名曲でした

夢追人
最新情報をチェックしよう!
>LINEスタンプ販売中!

LINEスタンプ販売中!

LINEスタンプ作ってみました。 よかったらダウンロードして使ってね。

CTR IMG